経鼻内視鏡・CT検査・大腸内視鏡

NBI光・経鼻内視鏡について

 ヘリコバクター・ピロリの除菌が2013年2月末から慢性胃炎に対して保険適応となっていますが、内視鏡を行って、胃炎の確認を行うことが必要とされています。

経鼻内視鏡で胃炎であること、癌でないこと、ピロリ菌がいることを確かめて、除菌治療をされることをお勧めします。

口から入れる内視鏡に比べて、断然楽な、鼻からの内視鏡が好評です。

 

 NBI光で観察する経鼻内視鏡も導入しており、胃はもちろんのこと、食道の早期がんの発見に威力を発揮します。

患者さんにはやさしく、正確な診断の極細4.9mmの経鼻内視鏡検査。

これまで、のどが苦しくて内視鏡はこりごりと思っていた方、苦しいのではないか、とためらっている方に、お勧めします。

経鼻内視鏡は、両方の鼻に局所麻酔剤をスプレーして行います。

鼻の痛みはほとんどありません。(鼻の通り道などにより、個人差はあります。)

口からの内視鏡と違って、舌をおさえないので、嘔吐反射「オエッ」という不快感が、非常に少ない内視鏡検査です。

 

できれば眠っている間に検査を受けたいという方には、鎮静下の内視鏡も施行いたします。

 

鼻からのカメラはこんな風に入ります

 

経鼻内視鏡 画像01

鼻の入り口です。

経鼻内視鏡 画像02

総鼻道(中鼻甲介[ちゅうびこうかい]ルート)という通り道です。

経鼻内視鏡 画像03

のどに入り、気管と食道の入り口が見えてきました。

経鼻内視鏡 画像04

食道に入っています。

経鼻内視鏡 画像05

経鼻NBI内視鏡では、簡単な操作で観察光を変換し、色調の変化から、早期の食道がんを発見しやすくなりました。赤い線から手前が早期の食道がんの範囲です。

 

注1)鼻からの挿入に無理があるようなら、鼻用の細いカメラで口から挿入することになります。

注2)血液を固まりにくくする、心臓や脳血管の薬をのんでいる方は、鼻からの挿入ができないことがあります。

注3)口からの胃カメラを希望される場合には、もちろん御希望に添って行います。

また、出血やポリープ処置など、鼻からのカメラが適さない場合には口からのカメラを行います。

 

 


 

胃内視鏡の当日検査について

当院では、胃内視鏡検査を予約なしに当日実施することが出来ます。

下記の注意事項を確認の上、ご来院ください。

 

注意事項

  1. 適切な検査を行うため、検査前日の午後9時〜検査開始までお食事はご遠慮ください。
  2. 前日の夕食は固い食べ物は避け、消化のよいものを午後9時ごろまでにお済ませください。
    ※就寝前のお薬の服用については、いつもどおりお飲みいただけます。
  3. 検査の当日は、何も食べずにお越しください。
    朝に水をコップ1〜2杯程度お飲みいただくと、胃の中が見えやすくになります。

 

 


 

CT検査について

2010年10月から16列マルチスライスCTを稼働

脳、胸部、腹部のCTが短時間で精密に撮影できます。

腹部単純CTならば、10秒x2回の撮影で、上腹部から下腹部まで検査できます。

TOSHIBA Activion 16 Rows Multislice CT

Activion 16 Rows Multislice CT

こんなドクターやパラメディカルはいませんが、膵癌や肝癌の早期発見に造影CT検査も行っています。

 

 


 

大腸内視鏡について

健診で「便潜血が陽性」と言われた方は、一度、大腸内視鏡をなさることをお勧めします。

ポリープや癌が見つかることが多く、早期発見、早期治療につながります。

大腸内視鏡は、大腸にある便をきれいにして行いますので、事前の準備が必要です。

通常、特別な痛み止めを使用せずに、実施できる検査ですが、

痛みに敏感な方、過去の大腸内視鏡で痛みが強かった方には、

鎮痛剤を点滴しながら、検査をする方法もあります。一度ご相談ください。

大腸内視鏡で、ポリープが発見されると、NBI光で拡大観察して、腫瘍の性質が診断できます。

このポリープは良性の腺腫でした。このあと、すぐに切除にかかることができます。

 

大腸内視鏡の準備

お腹の具合がおかしいと思ったり、便の健診で要チェックとされた方、まずは、当院の外来を受診ください。

大腸内視鏡の概略と準備についてご説明します。

  1. 検査前日に、避けていただきたい食べ物があります。検査に影響することがありますので。
  2. 検査前夜に下剤の錠剤をのんでいただきますが、通常、強い下痢はおこりません。
  3. 検査当日、1リットル程度の水溶性の下剤をゆっくり飲んでいただきます。
    お近くの方であれば、ご自宅で飲んでいただけるようにすることも可能です。
  4. 3〜5回ほど排便があり、水に近い便になってくれば、検査が可能です。
  5. 検査に要する時間は15分から20分ほどです。
    ポリープの治療をする場合は、もう少し時間がかかることがあります。
    また、ポリープの治療をした場合、一泊入院していただくことが多いです。
  6. 検査のみの場合、終了すれば食事もとれます。
    まだ水様の便が出るので無理をしないようにしてください。

 

大腸内視鏡リラックスルーム

安心して大腸内視鏡の準備をしていただくため、リラックスルームを3室用意しております。

プライバシーに配慮し、ゆったりと過ごしていただけます。

検査の後、ベッドで横になって、休んでいただくことも、もちろん可能です。

大腸準備室1大腸準備室2

 

大腸内視鏡当日検査

大腸の当日検査については、便通の状況などにより当日の検査は困難な場合があります。

詳しくは一度お問い合わせください。

TEL:088-823-7433

 

 


 

大腸がん検診について

高知市の大腸がんの個別検診を当院で受けられます。便の血液反応(便潜血)を調べる検査です。

受診は無料。高知市に住民票のある方で40歳以上の方が検診の対象です。