御在所山

2010/09/26  御在所山 (高知県香美市(旧香北町)) 

御在所山 地図

高知市から国道195号線を北東へ、香北町の中心美良布を過ぎて、少し行くと
「大荒の滝」の表示が出る。表示に従いAの朴の木口で、物部川にかかる新在所橋をわたる。
わたるとすぐに右折。

 

町営バスの柚の木谷停留所で左上に曲る。(B,「梅久保」を示す表示あり。)
集落に入ると、白い看板に地図があり、道が左右に分かれることを示しており、左へ進む。(C)

 

10分ほど進み、「大荒の滝あと3km」の表示が出るとすぐに、道の右側に「木馬茶屋(きんまちゃや)」が現れる。(D)
ここが登山口。

 

右の山へ入る舗装道を歩く。
しばらく行くと最奥の民家がありここが舗装道の終点(E)。
表示に従い山道に進む。
木橋を渡ると石に指印を掘った標識がありこれに従い右へ(F)。
雨上がりだったので、カエルの声がこだまし、カンタロウミミズが散歩をしていた。
水場が二ケ所あった後、登山口Dから50分程度で明るいコルに出る。(G)
ここには土俵のあとと鳥居の広場がある。
8年前には、ここは山の中でしたが、
2010年では、鳥居の広場が林道のカーブに囲まれています。

 

鳥居をくぐって、石段となる。なかなかきつい。
登山道脇に「夫婦松」と書かれた大きな二本の松を過ぎる。(H)
水場(I)のあと、いよいよ「尻見坂」と言われる急な石段になる(J)。
石段にロープが張られていて、これが最後か、と思わせるが
ここでスパートをかけすぎないようにした方がいいですよ。
小さな祠のあと、石仏群を左に見て、最後の登りになる。
頂上には神社があり、少し北東へ行くと北への展望が開ける場所がある。
Gから頂上まで45分程度。
下りは膝を痛めないように。

 

参考書 分県登山ガイド高知県の山(山と渓谷社) p92

 

御在所山 写真3御在所山 写真4

写真左上は地図Dの登山口。右上は舗装道の終点(E)。ここから山道へ
左下はGの鳥居の広場。右下は御在所山頂上。